ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

バンクマップ
金融機関
トップページへ戻る
トップページへ戻る

金融機関情報(春)

春の金融機関情報



春は新生活を始める人も多い季節です。転居によって普段からお付合いをする金融機関が変わることもあるでしょう。お金を使う、用意する、貯める、運用する、などそれぞれの立場で、自分の暮らしに最適な金融機関やサービスについて見直してみましょう。

クレジットカードを作る

クレジットカードを作る

この春から大学に通う方や新社会人にとって「普通預金」や「クレジットカード」は気になる金融サービスのひとつと言えます。18歳からクレジットカードの審査対象となるからです。クレジットカードを作るには、銀行のカードや身分証明書なども必要となります。クレジットカードは返済ができる範囲であれば手持ちの現金がなくてもすぐにショッピングが可能。持っていると生活面で助かる部分や支払い回数が選べるなどの利点もあり、春の新しい生活のサポート役としてクレジットカードを作る人がいます。

ただし、新規でカードを持つには審査があり、未成年の場合は親権者の同意が必要。年齢制限は18歳以上からとするカード会社が大半です。高校在学中は作れませんが、中学卒業あるいは高校を中退して仕事に就いている場合は、カードを作れることもあります。そこで「新しい生活でクレジットカードを一枚作るぞ」という方に、便利なクレジットカード情報をご紹介します。

3つのクレジットカード

クレジットカードは大きく分けると「銀行系クレジットカード」、「流通系クレジットカード」、「信販系クレジットカード」の3種類。「銀行系クレジットカード」は、金融機関である銀行やその関連会社が発行するもので、キャッシュカードと一体化でき、銀行で一定の条件を満たせば優遇を受けられることも。

「流通系クレジットカード」は小売業やその関連企業が発行元で、ポイントの還元率が高く、対象となっている小売店にて特典が受けられるメリットがあります。「信販系クレジットカード」は信販会社によるもので提携企業・ショップにて割引サービスなどを受けられるのが魅力です。カードを作る際は、まず何系のカードを作るのかを決め、特典などを踏まえて自分に合ったカードを選びましょう。

便利な家族カード

クレジットカードは便利なものですが、無計画に使うと返済目処が立たなくなることも。そこで、計画的に利用する習慣を身に付ける手段として活用できるのが「家族カード」。「家族カード」は親カードと子カードに分かれており、同じサービスが受けられる上に、引き落とされる口座は同じ。つまり、親が親カードを持ち、計画的にカード利用させたい子には子カードを使わせるようにすれば、親は随時、子カードの使途を把握することが可能。

一人暮らしを始める大学生などは、購入習慣ができていない人も多く、離れて暮らす両親の心配の種になることも少なくありません。しかし、「家族カード」があれば、離れて暮らしていても、子の購買習慣をチェックし注意やアドバイスを行なうことができるのです。

教育資金の非課税措置

自身の子育てが一段落ついた祖父母にとっては、春に新年度が始まったのを機に、孫のために教育資金を贈りたいと考えることもあるでしょう。日本では「教育資金の一括贈与にかかわる贈与税の非課税措置」という制度により、2013年(平成25年)4月1~2019年(平成31年)3月31日まで、孫へ教育費を贈与したときの税が非課税になります。

対象は30歳未満のひ孫・孫・子。1人当たりの金額は、学校に関する教育資金であれば上限1,500万円、塾や習いごとなどなら500万円です。曾祖父母・祖父母・父母が信託銀行などの金融機関へ信託を行ない、対象となる孫などが随時引出すことができます。ただし、そのお金は教育資金の支払いに充てたことを証明する書類を金融機関に提出する必要があります。また、この教育資金の非課税措置の詳細は、金融機関によって取り扱い時期などサービス内容に若干の差があるので注意しましょう。

金融公庫とは

一般の個人が利用できる金融機関には、銀行や信用金庫の他に金融公庫があります。この金融公庫とは正式名称「株式会社日本政策金融公庫」で、政府が出資する金融機関。古くは「国民生活金融公庫」の名称で知られていましたが、これと中小企業金融公庫、農林漁業金融公庫などが統合して2008年(平成20年)10月より新設されました。

その役割は主に、経済発展や地域の活性化に役立つ資金の融資、自然災害や経済環境の変化に対するセーフティネット機能などです。そのため、金融機関としては特殊なポジションではありますが、一般の個人向けにも教育ローンや創業時の融資といった金融サービスを用意しています。融資条件や金利などが他の金融機関と異なる点があるので、春からの新生活を始めるにあたって資金調達やローンについて見直したいとき、一度検討してみると良いでしょう。

ロード中
ロード中
ロード中

春は新しい物事がスタートする季節。新社会人や新入学生となり、新たなステージで生活を始める人もたくさんいます。入社や入学を機にひとり暮らしを始めるなどで環境が変化することも多いと思いますが、その際には自分でお金を管理することが必要になってきます。そのため、春には金融機関で新たに口座を開設する割合が高いと言えます。自分のお金を管理するために私たちの日常に欠かせない存在である金融機関ですが、一体どのように選べば良いのでしょうか。

口座開設のポイント

口座開設のポイント

新社会人、新入生となり、さあ新たに口座を開設しよう、というときに最初に悩むのが「どの金融機関を利用するか」ではないでしょうか。金融機関とひとくちに言っても、全国的に名が知られているメガバンク、地方銀行、ゆうちょ銀行、ネット銀行、信用金庫、農協が運営するJAなど、その種類は多岐にわたります。ある程度、大きな都市であればメガバンクの店舗やATMがたくさんありますが、地域によっては地方銀行が中心という場所もあり、一概にどこがおすすめだ、便利だとは言えない状況です。つまり、金融機関選びの第一歩は自分の生活圏やライフスタイルに合っているかどうかを見極めることです。例えば自宅や職場の近くにATMや店舗があるなど、日常的に利用するからこそ利便性を重視して選ぶのが大切なのです。

次に、手数料やサービス内容の比較をしましょう。銀行によっては口座に一定額以上の預金があれば、営業時間外の引出し手数料などが無料というサービスを実施しています。ATMの営業時間内に銀行へ行けない場合など、これは非常に助かるサービスです。1回あたりは僅かに思える金額でも、積もり積もれば手数料はかなりの額になります。ネットバンキングなど現在では色々なサービスが金融機関ごとに用意されているので、口座開設の前にしっかりと検討しましょう。

複数口座をもつメリット

銀行で口座を開設するにあたってのおすすめは、メインバンクとサブバンクの最低2つの口座を持つことです。これはどうしてかと言うと、システムの不具合などでATMが利用できないなどの場合に備えるためと、万が一銀行が破綻しても現金を引き出せる手段を確保しておくためです。実際に1,000万円を越える貯金に関しては、もし銀行が破綻した場合に保障されないため、預金を分散するのはリスク面でも適切です。1,000万円以上の貯金はないから問題ない、と考えている人でも、口座が2つあれば貯蓄用と生活費用などに分けて活用する際にも便利です。

ただし、自分が把握できない程に多数の口座を持つのは止めておきましょう。あくまでも自己管理できる範囲内の口座数が適切です。

差が付く金融機関の選び方

金融機関は貯蓄以外にも、投資や資産運用などを行なうといった機能があります。資産運用などをする場合でも重視したいのが、やはりどこの金融機関を選ぶか、ということです。預金金利や各種手数料など金融機関選びの際に注視したい項目はたくさんありますが、金融サービスは、ここ数年でかなり自由化が進み、各金融機関がオリジナリティあるサービスを打ち出しています。

まず金利ですが、預金金利はなるべく高い所を利用したいというのが本音。定期預金などの、金利の面では一般的なメガバンクなどと比較してネットバンクが高金利ところが多くあります。そして手数料ですが、振込手数料に関してはオンラインバンキングが安いため、ネットオークションを頻繁に利用するので個人的に振込をよくする、という方などはオンラインバンクの口座を持っておくと便利です。普段の預貯金に利用するATM手数料も各銀行でかなり対応に差があります。これらの対応を比較してネットバンクなどをうまく利用すれば、手数料をかなり節約することができます。

また最近は、銀行でも投資信託などの販売に力を入れていますが、それらに興味がある場合は、日曜日などに金融機関が無料で開催している説明会やセミナーに足を運んでみましょう。その際にも複数の金融機関の商品をじっくり比較検討することが重要です。

なお、金融機関によっては春のキャンペーンなどと銘打ってシーズンごとに個人向けにお得な内容の商品を販売することがあります。個人向け国債など、主に金融商品に関してのキャンペーンですが、もしそれらに興味がある場合は各金融機関の情報をチェックしておくことをオススメします。

金融機関との取引は、給与の振込やクレジットカードの引き落とし、預貯金、資産運用など、大人になれば必要になることです。お得に、かつ便利に金融機関を利用できるようにするため、お子さんがいるご家庭などでは小さな頃から銀行に子どもの口座を作り、子どもが自ら貯金する、というような教育をこの春からスタートしてみるのも良いかもしれません。


春に新生活がスタートすると、金融機関と新たな取引を始める人も多くなります。口座を新たに開設して生活をより便利にするとともに、将来に向けて貯蓄に励みましょう。

口座の新規開設

口座の新規開設

新社会人になったら、新しく銀行口座を開設しましょう。給与の振り込みや組合費の引き落としなどの会社関係の入出金のために、口座が必要になります。一般企業では、通常、取引先の銀行で口座を新規に開設することになります。給与や源泉徴収などもその口座に振り込まれ、メインバンクとしての役割を持つようになります。口座を開設するとキャッシュカードも作成され、ATMやCD機で自由に入出金ができます。新入社員が入る春は、どこの金融機関でもフレッシュマン向けの口座開設キャンペーンを展開し、粗品や金利優遇などの特典を用意しているので、この時期が口座開設のチャンスです。特に指定金融機関がない場合は、自宅や勤務先から一番近い金融機関にしましょう。金融相談や融資での書類提出など、足を運ぶ時は何かと便利です。

開設する口座は総合口座となり、預金、融資、公共料金やクレジットカード代金などの引き落とし、年金積立などがひとつの口座で、自動でできるようになります。また、ほとんどの金融機関がインターネット対応をしているため、残高照会などはパソコンやスマートフォンなどでもチェックできます。

お金を貯める

お金を貯める

新年度が始まるこの時期は、法的制度が変わったり、子どもの入学・卒業など生活に変化が出る季節です。そのため、家計のやりくりやお小遣いの使い途を見直すには絶好のチャンス。少しでも余裕ができたら貯蓄に回して、将来に備えましょう。

預金をするにもいろいろな商品があります。まずは、自分の生活スタイルに合わせた預金を選ぶことが大切です。「毎月コツコツと貯めたい」「確実に貯めていきたい」と考えている人には定期預金が最適です。定期預金には、毎月一定額を積み立てるタイプと、まとまったお金を預けておくタイプのものがあります。これらの商品は、普通預金より金利が高く、蓄えるために有利とされています。また、給与振り込みなどを行なっている会社の取引銀行であれば、さらに金利が優遇されることもあります。積立型なら、給与から天引きされるため手間もかからず、毎月確実にお金を貯めることができます。

まとまったお金を預ける場合は、期日を決めて預ける期日指定型と、金利に合わせて預ける自由金利型があります。期日指定型は、預ける期間は短く、金額もそれほど多くありませんが、自由に引き出しができたりするなど、使いやすさがあります。自由金利型は、預ける期間を設定しておいて、契約時点の金利がそのまま期日まで適用されます。長期間預けると、複利で増やすことができる商品もあります。

金融機関によって、それぞれ様々な預金商品がありますので、見比べてみて、自分に最適な商品を選ぶようにしましょう。