ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト金融機関リサーチ

金融機関情報

金融機関とは 「金融機関の全体像」



私たちの生活に欠かせないもののひとつに金融機関がありますが、金融機関と一言で言っても様々な種類と特徴があります。ここでは、金融機関の全体像とそれぞれの金融機関の種類と特徴についてご紹介します。

金融機関の分類

金融機関の分類

金融機関は、大きく3つのカテゴリに分類することができます。ひとつが中央銀行である 【1】日本銀行、他に【2】政府系金融機関、そして【3】民間金融機関となります。

【1】日本銀行

日本銀行は、日本銀行券、いわゆるお金を発行し、銀行にお金を貸し出す「銀行のための銀行」という役割を担っています。主に貸出の金利や紙幣の発行量などを適切に調整する金融政策を実施することにより、物価と国民経済を安定させることに努めています。

【2】政府系金融機関

政府系金融機関は、全額政府出資の特殊法人です。経済社会の発展や国民生活の安定などを目的とし、一般の金融機関では困難な融資を行なうなど、民間金融機関の不備を補完・奨励するために設置されている金融機関です。住宅金融支援機構や商工組合中央金庫などがありますが、その役割を終えて、統廃合されたり、完全な民営化を目指したりと様相を変えつつあります。

【3】民間金融機関

民間金融機関は、お金を貸し出す業務を行なっていますが、その中で市場から預金を集めることを認められている金融機関を「銀行」と言い、それ以外のお金の貸し出しだけを業としている証券会社や保険会社、消費者金融などの金融機関を「銀行でない」という意味で「ノンバンク」と呼んでいます。また、銀行は「銀行法」、信用金庫は「信用金庫法」というように、それぞれの法律により定められています。

銀行と信用金庫・信用組合の違い

銀行と信用金庫・信用組合の違い

「信用金庫」や「信用組合」、「農協(JA)」などは、銀行法に定める銀行ではないものの、銀行と同様に預金・貸し出し業務を行なっており、「協同組合型金融機関」と呼ばれています。 扱う商品は、銀行とほぼ同じ内容ですが、営業するエリアが限定されていることと対象顧客が異なります。 法人では中小企業までとされ、個人は金融機関のある地域に居住しているか勤務している人に制限されています。

関連お役立ちコンテンツ