ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

バンクマップ
金融機関
トップページへ戻る
トップページへ戻る

金融機関情報

日本政策投資銀行が担う役割について



日本政策投資銀行は、日本政策投資銀行法に基づいて誕生した政府系の金融機関です。法的には財務相が管轄する特殊法人の扱いです。ここでは、日本政策投資銀行について紹介します。

日本政策投資銀行の沿革について

日本政策投資銀行の沿革について

日本政策投資銀行は、1947年に誕生した復興金融金庫が母体となっています。このあと、日本開発銀行や北海道東北開発公庫が設立されます。1999年には日本政策投資銀行法が施行され、これを受けて日本開発銀行と北海道東北開発公庫のすべての事業を引き継ぐ形で、日本政策投資銀行が設立されます。2008年には、政府が民間の金融サービスと似たようなサービスを行なうことで民業を圧迫しているなどの批判に対応し、株式会社日本政策投資銀行となりました。

日本政策投資銀行の概要について

日本政策投資銀行の概要について

日本政策投資銀行は、広く日本経済及び日本国民が発展すること、また各地域経済が発展することを目的として誕生しました。また、民間の金融機関だけでは成し得ない事業について、国がサポートをする目的もありました。ただし、政府がその強固な財務体質の元で融資を行なうことが恒常化しつつあり、これが民間の金融機関に悪影響を及ぼしているということで、旧日本政策投資銀行は日本政策投資銀行に生まれ変わります。生まれ変わったことによって、日本政策投資銀行は民間からも資金を調達することができるようになりました。見直し当初は、完全に民営化することを目標としていましたが、2008年に起こった世界的な金融危機を背景に、完全民営化ではなく一部民営化にとどまりました。

日本政策投資銀行の主な業務内容について

日本政策投資銀行の主な業務内容は融資です。以下のようなケースに対して日本政策投資銀行は融資を行なっています。

新規事業に対する融資

新技術や新サービスの実用化に対して、日本政策投資銀行は、研究施設の整備などの投資を行なっています。

資本再構築に対する融資

資本と負債のバランスを取ることで、経営を再建したい企業に対して、日本政策投資銀行は融資を行なうこともあります。経営を後継者に譲る際に自己資本が不足していたり、相続税に関する不安を抱えていたりする場合などにも、相談に乗ってくれます。

不動産開発・流動化に関する融資

不動産開発などの大きな融資は、証券化したりファンド化したりするなどの手法を用いて、融資先のニーズに応えています。

負債再構築のための融資

借入金の返済と、実際に生まれる事業利益のアンバランス化を改善するために、日本政策投資銀行では、中長期にわたって使用できる資金を貸付けすることもあります。