ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

バンクマップ
金融機関
トップページへ戻る
トップページへ戻る

金融機関情報

窓口が閉まる15時以降の銀行業務って?



多くの銀行において、窓口が開いているのは15時までですが、15時以降の銀行ではどのような仕事が行なわれているのでしょうか。ここでは、15時以降の銀行内で行なわれていることについて説明します。

銀行法と15時の関係について

銀行法と15時の関係について

各銀行は、銀行法という法律に基づいて営業しています。銀行法には、銀行の営業時間を9時から15時とすると明記されているため、銀行は15時までの営業となっています。またこの法律には、都合によっては営業時間を延長しても良い旨についても記載されています。そのため現在では、りそな銀行や東京スター銀行などのように、17時や19時まで営業を行なっている銀行もあります。

15時の妥当性について

15時の妥当性について

15時に閉店とすることに関する妥当性については諸説あります。1つ目は手形の決済を行なう場合は自行のみで行なう訳ではないため、15時に一度締めて決済業務を行なわないと、翌日の決済に間に合わなくなり、15時までの営業は妥当であるとする説があります。これは、普通預金への預け入れや定期預金口座の開設などは、15時以降に受け付けても構わないものの、他行が絡んでくる手形の決済に関しては、15時をタイムリミットとするということを意味しています。

2つ目は残業なしで業務を終えようとした場合、下記に紹介するような業務を行なうと、15時に受け付けを閉めなくては、残業が恒常化してしまう恐れがあるとする説があります。また、閉店後の会議が長いため、15時閉店でも遅いとする意見もあります。

15時以降の銀行員の仕事について

15時以降の銀行内では、主に以下のような業務が行なわれています。

当日の取引を締める

その日1日の取引の伝票や現金を締めています。帳簿上の1円でも現金が合わないと、金額が合うまで作業が続けられます。

電話セールス

定期預金の勧誘や投資信託の勧誘などの、電話セールスを行なっている銀行もあります。

防犯訓練

防犯訓練を15時以降に行なう銀行もあります。ボール紙で出来た包丁とマスクを使って防犯訓練を行ないます。

稟議書(りんぎしょ)の作成

担当している企業に融資を行なう場合、稟議書が必要になります。稟議書とは融資が必要な理由や、記載した融資額が妥当と考える理由などをすべて書類にし、上長の決裁を仰ぐための書類を言います。繁忙期であれば、この稟議書を1日で2~3通ほど作成することもあります。このとき、業務終了は深夜頃になる場合があります。

会議

一般企業と同様に、銀行も閉店後に会議を行なっています。得意先に対する融資をどうするのかについてや、窓口業務の効率化を図るにはどうするべきかなど、会議の内容は多岐にわたります。