ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

バンクマップ
金融機関
トップページへ戻る
トップページへ戻る

金融機関情報

京都で古い歴史を持つ京都信用金庫



京都では京都銀行京都中央信用金庫京都信用金庫の3つの金融機関が、大きなシェアを占めています。ここでは京都の重要な信用金庫である京都信用金庫について説明します。

京都信用金庫の概要について

京都信用金庫の概要について

京都において、古い歴史を持つのが京都信用金庫です。設立は1923年ですが、当時は有限責任京都繁栄信用組合として営業を開始しました。1952年の法改正に伴い、京都信用金庫としての営業を開始します。その後は近隣の信用金庫である京栄信用金庫や大津市信用金庫、京都府民信用組合と合併し、多額の預金保有量を誇る信用金庫になりました。

京都信用金庫の金融サービスについて

京都信用金庫の金融サービスについて

ここでは京都信用金庫の主な金融サービスについて説明します。

個人向けの金融サービス
地元住民の利便性を考慮した金融商品を、多数取り扱っています。例えば「年金定期ふれあい500」という定期預金の商品があります。京都信用金庫を年金受取口座に指定しておくと、金利が0.2%上乗せされる定期預金です。働く人を応援する定期預金商品もあり、「京信スーパー定期シャイン」という名前で販売されています。これは京都信用金庫を給料受取口座に指定すると、金利を0.04%上乗せしてくれるというものです。雇用保険の育児休業給付金を受給している方や、介護休業給付金を受給中の人も対象となります。
法人への金融サービス
京都信用金庫は、地元の中小企業を対象に融資を行なっています。創業して2期目を迎えていない、若い法人を対象に創業支援融資を実施しています。運転資金、設備資金のどちらにも使用できる融資です。また、大学などの公的な研究機関と提携したい場合や、海外で事業を行ないたい場合には、京都信用金庫が相談に乗ってくれるサービスも用意されています。「バイヤーマッチング商談会」も積極的に行なっています。これは、取引先同士をマッチングさせる(結び付ける)ことを目的として、京都信用金庫が定期的に開催している会です。2013年の開催で3回目となります。このように京都信用金庫は、常に地域住民のニーズに合わせた金融サービスを行なっています。

京都信用金庫の環境への取り組みについて

京都信用金庫では、取引先の企業が環境に配慮した設備投資を行なう場合などに、積極的に融資の相談、及び融資を実行しています。環境配慮型融資商品「エココミュニティ・ローン」との名称で呼ばれる法人向けの融資商品があります。ここには、環境保全に取り組む顧客企業を通して、「かけがえのない地球環境と調和した地域社会を創造したい」という京都信用金庫の思いが込められています。