ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

バンクマップ
金融機関
トップページへ戻る
トップページへ戻る

金融機関情報

地域密着型の営業を行なう岡崎信用金庫



岡崎信用金庫とは、1924年に設立された岡崎信用組合を母体として誕生した、愛知県に本店を置く信用金庫です。愛知県東部では非常に高い利用者数を誇っています。ここでは岡崎信用金庫について説明します。

岡崎信用金庫の概要について

岡崎信用金庫の概要について

岡崎信用金庫は、愛知県と、隣接する静岡県湖西市を中心に営業を行なっている信用金庫です。預金の保有量は2兆円を超えており、これは全国の信用金庫の中でもトップクラスです。預金保有量が非常に多い信用金庫としては、岡崎信用金庫の他に、京都中央信用金庫城南信用金庫などが挙げられます。岡崎信用金庫は大正時代に有限責任岡崎信用組合として発足しました。その後、1950年に中小企業等協同組合法により、信用協同組合となります。愛知県岡崎市には岡崎銀行という銀行がありましたが、岡崎銀行が東海銀行(合併の結果、現在の三菱東京UFJ銀行となる)に吸収されたことに伴い、地元住民から岡崎信用金庫を地域の中核を担う金融機関にしようとする動きが高まり、かなりの預金を集めるに至りました。

岡崎信用金庫の金融サービスについて

岡崎信用金庫の金融サービスについて

岡崎信用金庫は、地域密着型の営業を行なっているため、地域住民のニーズに応える金融商品を数多く取り扱っています。例えば、退職金定期預金という金融商品を扱っています。これは退職金受給額の範囲において、定期預金の金利を0.2%程上乗せしてくれるサービスです。年齢55歳~65歳で、退職金を受給してから1年以内の人を対象としています。また、年金受給者向けの定期預金商品も扱っており、厚生年金や国民年金などの振り込みを岡崎信用金庫に指定している人が定期預金をした場合、金利が0.175%上乗せされます。

この他にも、子育て支援に関する定期預金商品もあります。こちらは18歳未満の子供がいる家庭を対象として、1世帯あたり500万円までの中で、金利を0.075%上乗せしてくれます。さらに、地元の中小企業を対象に金利を上乗せしてくれる「おかしん南の風定期預金」などもあり、地域住民の金融の利便性に貢献しています。また、融資商品や投資商品も数多く取り揃えており、事業性の融資であれば、創業間もない企業に対して、創業支援融資を行なっていたり、アパート経営者を対象としたアパートローンを扱っていたりするなど、事業者にとっても、きめ細やかな金融サービスを行なっています。提携する商工会議所や商工会の会員向けの融資商品も取り揃えており、岡崎信用金庫はその経営方針の通り、「地元産業の発展と社会の繁栄に真心をもって奉仕する」信用金庫として地域に根付いています。