ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト金融機関リサーチ

金融機関情報

おもしろい定期預金の紹介(2)



各地方銀行や信用金庫では独自に工夫を凝らし、少しでも顧客に魅力を感じてもらえる定期預金商品を開発し、販売しています。ここでは地方銀行や信用金庫の定期預金に対するユニークな取り組みを紹介します。

野球を応援して金利が上乗せに

野球を応援して金利が上乗せに

八千代銀行では「東京六大学野球応援定期預金」や「東都大学野球応援定期預金」という定期預金商品を販売しています。これらは、商品販売の期間が限られていることが多いので、検討の際は注意が必要です。この定期預金には、抽選で200組に野球観戦チケットが当たる特典と、金利が0.1%上乗せになる特典があります。また、集められた定期預金残高の0.05%は、銀行から各大学の野球連盟に寄付金として渡されることになっています。定期預金を行なうことで、間接的に野球チームを応援していることにつながる、ユニークな金融商品です。

サッカーを観戦して金利がアップ

サッカーを観戦して金利がアップ

こちらも八千代銀行の定期預金商品です。商品名を「東京ヴェルディ応援定期」といいます。1年ものの定期預金が対象となり、金利を0.1%上乗せしてくれます。また、抽選で100組にサッカーの観戦チケットが当たります。「東京六大学野球応援定期預金」や「東都大学野球応援定期預金」と同様に、銀行が残高のいくらかをサッカーチームに寄付をする制度も付帯されており、こちらは預金残高の0.02%が寄付に回されます。

定期預金でマイルをゲット!

業界では革新的な取り組みを行なうことで有名なスルガ銀行では、「ANA支店」と全日空が連携した支店で口座を作ると、定期預金10万円ごとに、60マイルがプレゼントされます。例えば、50万円だと、300マイル、100万円だと、600マイルが得られます。しかも、定期預金を続ける限り、毎年マイルが加算されていきます。旅行好きの人などに人気を集めています。

わずか2週間だけの定期預金

新生銀行では、わずか2週間で満期になるという定期預金を行なっています。例えば、ボーナスの運用を検討中だが、とりあえず口座に預金があるという状態の場合、様子見で2週間だけ定期預金に入れるという利用法があります。わずか2週間だけにもかかわらず、0.22%の金利が付くなどのメリットがあります。普通預金のような手軽さから、人気を集めています。

ポイント景品交換制度「タメ・タメ・ハ」

中国労働金庫では、「タメ・タメ・ハ」というユニークな名称のサービスを行なっています。こちらのサービスでは、取引額に応じて貯まるポイントを景品に交換できます。例えば、最も低ポイントではメモ帳や蛍光ペンなどですが、たくさん貯めると豪華なカタログギフトがもらえます。