ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

バンクマップ
金融機関
トップページへ戻る
トップページへ戻る

金融機関情報

第二地方銀行に関する基礎知識



第二地方銀行とは、一般社団法人第二地方銀行協会に登録されている金融機関のことです。ここでは「第二地方銀行」について説明します。

第二地方銀行の概要

第二地方銀行の概要

第一地方銀行とは、従来、株式会社として銀行業務を行なってきた金融機関のことを指します。地域密着型の営業を行なっており、その地域の大企業などと密接な関係を構築していることが多いです。

これに対し、第二地方銀行は、相互銀行や無尽会社が銀行と名乗るようになって生まれた金融機関のことを指します。例えば、高知県にある高知銀行は、本来は高知相互銀行と呼ばれていました。1989年以降に「金融機関の合併及び転換に関する法律」によって、全国の相互銀行が名称を変更し、現在、第二地方銀行と呼ばれるに至っています。

また、相互銀行の前身である無尽会社とは、会員からお金を集め、抽選などの方法で融資先の決定などを行なっていた金融機関です。国の法改正によって、相互銀行に転換しました。資金が必要であるにもかかわらず、抽選に漏れたり、比較的融資の金利が高利であったりしたこともあり、「無尽」という呼称や「相互」という呼称に、良い感情を抱かない人がいることも、名称を変更した理由のひとつです。

現存する無尽会社は、三菱東京UFJ銀行の系列にあたる「日本住宅無尽株式会社」のみで、東京都や神奈川県、千葉県、山梨県など、主に関東甲信越エリアを対象に土地や建物の給付を行なっています。

つまり、第二地方銀行とは、比較的小規模の金融機関で、かつ高めのリスクを背負って融資を行なっていた金融機関が、名称変更などを経て銀行になった金融機関を表しています。

第二地方銀行の現在

第二地方銀行の現在

現在の第二地方銀行は、相互銀行から普通銀行に転換した金融機関と、信用金庫から普通銀行に転換した金融機関に大別することができます。数は少ないものの、営業譲渡によって誕生した第二地方銀行もあります。

一般的に、各都道府県にはひとつの第二地方銀行がありますが、景気の後退などで破綻した第二地方銀行もあり、現在では、秋田県、茨城県、石川県、岐阜県、滋賀県などにおいては、そこに本店を置く第二地方銀行がありません。

石川県の第二地方銀行であった石川銀行は2001年に日本承継銀行が営業を引き継ぎ、その後は北陸銀行北國銀行富山第一銀行などに営業を譲渡しています。また、東京相和銀行は新設された東京スター銀行に営業を譲渡しています。このように、金融機関の統廃合が進む中、今後も消滅する第二地方銀行が出てくる可能性もあります。