ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト金融機関リサーチ

金融機関情報

七十七銀行や十六銀行の
数字が持つ意味



七十七銀行十六銀行など、数字が名前についている銀行は、現在日本に8行あります。このような銀行は通称「ナンバー銀行」と呼ばれます。ここではナンバー銀行について説明します。

数字が銀行名になった背景

数字が銀行名になった背景

江戸時代から明治時代になる頃、日本では通貨の整備が急がれていました。各藩が独自に発行する通貨に加え、政府が発行する通貨、民間の会社が発行する紙幣などが乱立していたのです。政府はこの事態を収拾させるために、国立銀行条例を制定します。「全国で出回る通貨を統一させましょう」という政策を打ち出したのです。

この政策に基づき、4つの「政府公認のもと紙幣を発行できる銀行」が誕生し、国立銀行と呼ばれるようになります。国立銀行の1番目は「第一国立銀行」で、現在のみずほ銀行のことです。2番目は「第二国立銀行」と呼ばれ、現在は横浜銀行になっています。第三国立銀行は、大阪にできる予定でしたが、銀行設立の話が諸事情でなくなってしまい、3は欠番になっています。「第四国立銀行」は新潟に誕生し、現在でも「第四(だいし)銀行」として営業を続けています。

このような経緯から、1879年には153番まで「ナンバー銀行」ができました。番号はすべて国が認可した順番です。その後、1882年に日本銀行が設立され、紙幣の発行を日本銀行が一手に行なうようになると、国立銀行は普通銀行に転換します。転換する際に、名称を変更した銀行や現在でも当時のナンバーをそのまま銀行名にしている金融機関もあります。当時の銀行は、このように番号で呼ばれていたので、質屋のことを「十六銀行」と呼ぶ風習も存在していました。1+6=7で「しち=質」という訳です。このように、当時は金融機関を番号で呼ぶ風習が全国に浸透していました。

ナンバー銀行の現在について

ナンバー銀行の現在について

現在、ナンバー銀行は全国に8行あります。第三銀行(三重県松阪市)、第四銀行(新潟県新潟市)、十六銀行(岐阜県岐阜市)、十八銀行(長崎県長崎市)、七十七銀行(しちじゅうしちぎんこう/宮城県仙台市)、八十二銀行(長野県長野市)、百五銀行(三重県津市)、百十四銀行(香川県高松市)の8つです。

このうち八十二銀行は、第十九銀行と六十三銀行が合併してできたもので、19と63を足して82としました。六十三銀行は、アタマに「第」が付きません。1897年に「株式会社六十三銀行」と呼称を変更したために、「第」が付いていません。合併時においては「六十三銀行」が正式な呼び方だったことが分かります。三和銀行は、第三十四銀行と第十三銀行、第百四十八銀行の3行の合併だったため、3つの和として三和の名称を採用したのです。