ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト金融機関リサーチ

金融機関情報

地方銀行に関する基礎知識



一般社団法人全国地方銀行協会の会員になっている銀行のことを「地方銀行」あるいは「第一地方銀行」と言います。第一地方銀行という呼称は、第二地方銀行と区別をするために生まれた呼び方であり、あくまでも俗称です。ここでは「地方銀行」について説明します。

地方銀行の概要

地方銀行の概要

一般社団法人全国地方銀行協会に加盟している金融機関の多くは、各都道府県における最大の地方銀行であることが一般的です。地域の大企業と密接な関係があったり、都市銀行と密接な関係があったりします。

バブル景気の頃は、地方銀行が東京や近隣の大都市に進出していました。しかし、景気の後退を受けて、再び地域密着の営業を行なっている地方銀行が増えました。地方銀行は一般的に、各都道府県にひとつ存在します。例えば、北海道であれば北海道銀行、神奈川県であれば横浜銀行、滋賀県であれば滋賀銀行が地方銀行に該当します。

一方、地方銀行がひとつ以上存在する都道府県もあります。例えば、福岡県には福岡銀行西日本シティ銀行筑邦銀行北九州銀行4つの地方銀行があります。同じく、静岡県には静岡銀行スルガ銀行清水銀行の3つの地方銀行があります。青森県や秋田県、茨城県などには、それぞれ2つの地方銀行が存在します。愛知県のみ、愛知県に本店を設置している地方銀行がありません。また、埼玉県にある埼玉りそな銀行は、その合併の経緯から都市銀行の扱いを受けることが多いです。よって埼玉県に存在する地方銀行は、武蔵野銀行のみと見ることができます。

各地方銀行の規模について

各地方銀行の規模について

地方銀行の中でも最大規模と囁かれるのは、福岡市にある「ふくおかフィナンシャルグループ」や横浜市の横浜銀行、富山市の「ほくほくフィナンシャルグループ」、その他、千葉銀行静岡銀行などが挙げられます。これは一般的な統計データであり、ふくおかフィナンシャルグループは第二地方銀行を傘下に抱えているため、厳密に言うと、最大規模の地方銀行からは外れることになります。

第二地方銀行との違い

相互銀行や信用金庫から普通銀行に転換した金融機関を第二地方銀行と言います。通常は、第一地方銀行よりも小規模な銀行です。第二地方銀行は、相互銀行(戦前の無尽会社)が普通銀行に転換した金融機関であると定義されています。無尽会社とは、会員からお金を集め、抽選などの方法で融資先を決めていた金融機関のことです。当然、資金が必要であるにもかかわらず抽選に漏れる人もいて、これをきっかけに「無尽」や「相互」という言葉に嫌悪感を抱く人も増えます。国の法改正などもあり、現在では「銀行」という名称になっています。