ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト金融機関リサーチ

金融機関情報

連邦準備制度(FRS)の概要とその役割



連邦準備制度は、英語で「Federal Reserve System」と呼ばれ、その頭文字をとってFRSと略されます。連邦準備制度理事会と、その傘下のアメリカ各地にある連邦準備銀行を含む私立銀行郡をFRSと言います。ここでは連邦準備制度(FRS)について紹介します。

連邦準備制度の成り立ち

連邦準備制度の成り立ち

アメリカでは1776年の建国以来、中央銀行ができては潰れという状況が長く続いていました。第一合衆国銀行や第二合衆国銀行などが、中央銀行の役割を担おうとしましたが、地域に密着した金融システムを好む風土があり、長くは続きませんでした。

しかし1907年にイギリスのロンドンで、アメリカが振り出した手形の割引が拒否され、アメリカ国内において金融が麻痺し、恐慌が起こります。これを機に、J.P.モルガンやジョン・ロックフェラーなどが連邦準備銀行の設立を検討するようになり、1913年に、ウッドロウ・ウィルソン政権において連邦準備銀行が発足します。

地域や州を超え、アメリカとしてひとつにまとまって経済を推進しようとする意図のもと発足しましたが、発足当初はアメリカ政府が過度に金融に介入するなど、アメリカ経済に様々な悪影響がありました。例えば、1920年代のアメリカに端を発した世界恐慌は、連邦準備制度の明らかな失策によるものだと囁かれていましたが、現在の連邦準備制度理事会の議長であるベン・バーナンキ議長もこの意見を認めています。

連邦準備制度の役割

連邦準備制度の役割

連邦中央制度の「準備」とは預金準備のことを意味しています。各金融機関に対して一定の金額以上を連邦準備銀行に預け入れることで、アメリカの金融情勢、それに伴う世界の金融情勢の安定化を図っています。以下に連邦中央銀行の役割について説明します。

・米国各地の銀行の監督(連邦準備銀行は、日本における日本銀行に近い立場にあります。各地の金融機関の管理監督を行なっています。)

・金融政策の策定とその実施

・決済システムの維持と管理

・アメリカ国債の売買

連邦準備制度とアメリカ政府

連邦準備制度は株式を発行していませんが、その傘下の連邦準備銀行は株式を発行しています。この株式をアメリカ政府は所有していません。連邦準備銀行によって管轄される各金融機関が、株式を所有しています。

所有する株式保有数は、銀行の規模などによって異なりますが、連邦準備銀行の投票権はこの出資額に比例せず、ひとつの金融機関で1票とされています。なお、連邦準備制度は、法律によりアメリカ合衆国大統領と議会によって運営されると規定されています。つまり、アメリカ政府は出資をしていませんが、議会を主導する役目を果たしています。したがって、連邦準備銀行は民間企業でありながら、政府機関である連邦準備制度理事会によって意思決定されているため、半官半民のような性格を帯びながら運営されていることが特徴です。