ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト金融機関リサーチ

金融機関情報

ATMトラブルに関する基礎知識



キャッシュカードそのものが盗難に遭わなくても、現金が不正に引出されることがあります。キャッシュカードのデータを不正入手して、偽造カードを作り、トラブルが発生してしまうケースが多いです。ここではATMトラブルについて紹介します。

ATMトラブルの概要

ATMトラブルの概要

ATMトラブルは大きく2つに分けることができます。

カードそのものの盗難と不正利用

カードそのものの盗難と不正利用

ICチップ内蔵型のキャッシュカードや生体認証システムを採用していないキャッシュカードは、暗証番号が分かるだけで、容易に現金を引出すことができます。例えば、空き巣に入られた場合に、キャッシュカードと運転免許証などを盗まれてしまうと、運転免許証などから暗証番号が類推され、不正利用へと繋がります。

また、ATMを操作している指や腕の動きなどから暗証番号を推測し、キャッシュカードの入った財布やカバンを強奪した上で、キャッシュカードを不正利用されてしまうケースもあとを絶ちません。

このような不正利用事件においては、空き巣に入る者と、ATMでキャッシュカードを不正利用する者が別々であるなど、組織的な犯罪であることもあり、犯人の検挙率は低いです。各金融機関は、1枚のキャッシュカードに対し、1日の引出し制限額を設けたり、定期的にキャッシュカードの暗証番号を変更することを周知するなどして、不正利用防止に努めています。

スキミング(偽造カード)について

スキミングとは、磁気カードに書き込まれている情報を不正に読み取り、同様の情報を記録したキャッシュカードを作る犯罪行為のことを指します。一般的には、商業施設やホテルなどでカードを利用した際に、カード内の情報が外部に不正に漏れることが多いです。

商業施設などに設置されたカード読み取り機に、カード情報を読み取る機械を取り付けるかたちで、スキミングが行なわれています。近年では、デビッドカード機能の付いた金融機関のキャッシュカードが多く登場しただけでなく、IT技術も格段に進歩したため、少しIT技術に詳しい者であれば、スキミングをすることもできるのです。

ATMトラブル防止対策

現在、各金融機関では、磁気カードではなくICカードや生体認証カードの発行を積極的に行なっています。ICカードは技術上、複製することができないため、今後の普及が急がれています。しかしながら、完全にICカードや生体認証カードに移行するには、コストも時間もかかるため、現在金融機関においては、以下のことを推奨しています。

・キャッシュカードの1日の利用限度額を定める

・個人情報から推測されそうな暗証番号は、変更するように周知する

・同様に、個人情報から推測されそうな暗証番号での新規口座開設は受け付けない(暗証番号の変更を求められる)

・ATM画面における数字の配列をアトランダムにする