ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト金融機関リサーチ

金融機関情報

キャッシュカードの利用上の注意点



現在、各金融機関はICチップが組み込まれたキャッシュカードや生体認証型のキャッシュカードを積極的に発行することで、キャッシュカードの不正利用防止に取り組んでいます。しかし、それでも不正使用されるキャッシュカードがあとを絶ちません。ここではキャッシュカード利用時における注意点を紹介します。

最後の砦は暗証番号

最後の砦は暗証番号

各金融機関は、キャッシュカードの不正利用について「最後の砦は暗証番号である」と唱えています。いかに生体認証システムが精巧にできていたとしても、暗証番号が分かってしまうと、簡単に現金を引出せてしまいます。そこで、各金融機関では以下の呼びかけを行なっています。

暗証番号は絶対に他人に教えない

暗証番号は絶対に他人に教えない

金融機関や公共機関の職員を装って、他人のキャッシュカードの暗証番号を聞く詐欺が社会問題化したことがあります。いかなる関係性の人物であろうと、絶対に他人に暗証番号を教えてはいけません。

他人に推測されやすい暗証番号を設定しない

各金融機関では、自宅の電話番号の下4桁や、生年月日、あるいは車のナンバーなど、他人に推測されやすい暗証番号はすぐに変更するようアナウンスしています。現在では、電話や書類の郵送などで、簡単に暗証番号を変更できるサービスを行なっている金融機関もあります。例え、平日の15時までに銀行の窓口へ行くことができなくても、いつでも安全な暗証番号へ変更することができるのです。

暗証番号をメモしない

暗証番号を、誰かに見られる可能性のある手帳などにメモしてはいけません。

免許証などと一緒に持ち歩かない

一般的に暗証番号は、本人が忘れにくい番号を設定することが多いです。そのため、どうしても個人情報の一部を暗証番号として設定してしまいがちです。個人情報、例えば運転免許証やパスポートなどの番号を暗証番号として設定した場合は、キャッシュカードと一緒に携帯しないことが大切です。

他の暗証番号と一緒にしない

例えば、テンキー型の金庫の4桁の暗証番号と、銀行のキャッシュカードの暗証番号が同じであるような場合は、すみやかに暗証番号を変更しておく必要があります。実際にスポーツジムなどの貴重品ボックスに保管しておいたキャッシュカードが、2つの暗証番号が同じだったために、不正使用の被害に遭っているケースも少なくありません。

暗証番号を定期的に変更する

暗証番号を定期的に変更しておくと、不正利用防止に繋がります。万が一、金融機関などからキャッシュカードの情報が漏えいした場合でも、漏えい前と漏えい後で暗証番号が異なっていれば、何者かに不正利用される確率は低くなります。例え面倒に感じても、キャッシュカードの暗証番号を定期的に変更しておくことが大切です。