ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト金融機関リサーチ

金融機関情報

投資信託に関する基礎知識



信託とは、資金を委託する人と、受託する人、委託した資金を運用することで利益を得る人の3者間で円滑に資金を扱うことを指します。投資信託は通称ファンドとも呼ばれ、3者での円滑な投資活動を投資信託と言います。ここでは投資信託について説明します。

投資信託の概要

投資信託の概要

投資家から集めたお金を運用し、その運用益を分配することを、投資信託と言います。資金を運用して利益が出ないこともありますが、原則として投資信託は元本を保証する金融活動ではありません。よって利益を得る投資家もいれば、損をする投資家もいます。

投資信託の仕組み

投資信託の仕組み

投資信託は、通常であれば「運用会社」が窓口となり、各証券会社や銀行などの金融機関を通して資金調達を行ないます。調達した資金は、信託銀行に保管するのが一般的で、信託銀行に保管されたお金をどこにいくら投資するのかを決定するのは運用会社の役割です。信託銀行は、運営会社の指示にしたがって投資活動を行ないます(例えば株を購入したり債権を購入したりします)。以下に投資信託の役割ごとに詳しく説明します。

販売会社

投資信託において、証券会社や銀行などは、通常「販売会社」と呼ばれます。販売会社は、投資家にファンドを売る立場であるため、投資家ごとに口座を開設し、投資したお金やその分配金を管理します。また投資家の資産運用の相談を受けることもあります。運用会社と投資家を繋ぐ窓口の役割に当たるのが販売会社なのです。

運用会社

運用会社はファンドの企画と資金調達を主な仕事としています。どこにどうやって投資をすれば、いくらくらいの利益が出るのかを、市場の動向などを見ながら常にリサーチしています。このデータをもとにファンドを立ち上げ、販売会社を通して投資家から資金を調達します。また、信託銀行に投資の指示を出し、実際に資金を運用します。

信託銀行

金庫番の役割をしているのが信託銀行です。信託銀行は、運用会社の指示にしたがって株や債権を売買したり、その管理を行なったりします。また投資家から集めたお金を法律に基づいて管理しています。

基準価格について

投資信託において、よく「ひと口いくら」という言葉が使われますが、これは投資信託の値段のことで、専門用語で「基準価額」と言います。例えば1口1円であれば、1万口1万円となり、通常は1万口あたりの基準価額を公表しています。

ブラインド方式について

証券取引所で株取引をする場合には、市場がオープンになっている間中、株価の変動を確認することができます。そして好きなときに株を売買することができます。投資信託においては、ブラインド方式を採用しています。ブラインドとは、金額が見えないということを意味しています。投資信託が組み入れている任意の株や債権の価値が分からないまま取引を行ないます。1日にひとつの金額(基準価格)が公開され、その時点で売りたければ売る、買いたければ買うということになります。すでに投資信託を保有している投資家の利益が不当に操作されることを防ぐため、投資信託においてはブラインド方式が採用されています。