ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト金融機関リサーチ

金融機関情報

商工ローンの概要と役割



商工ローンとは、中小企業などを相手に比較的高金利で行なう融資形態のひとつです。ここでは商工ローンについて説明します。

商工ローンの概要

商工ローンの概要

貸金業は個人向けの貸金業と、法人向けの貸金業に大別されます。法人向けの貸金業のことを商工ローンと呼ぶこともあります。法人向けの貸金業の中には、抵当証券業や法人向けのクレジットカード事業者、リース業者などがありますが、商工ローンはそのうちのひとつです。基本的には企業の経営者を対象に、比較的高利で事業資金を貸し付ける業務を行ないます。もともとは手形を割り引く業者が商工ローン業者に転じたケースが多いです。

商工ローンのメリット

商工ローンのメリット

商工ローンは、一般的には銀行ほど融資条件が厳しくはなく、また手続きや審査機関も短いため、「すぐに必要な資金を手軽に融資してくれる」金融業者として重宝されています。

商工ローンの現在

商工ローン大手がリーマン・ブラザーズ・グループから借り入れを行なっていたなどの問題があり、それらはリーマン・ショックの煽りを受けて、経営危機に陥ってしまいました。また、過払い金の返還請求が経営に重くのしかかってきたこともあり、商工ローン業者は以前のような勢いを保つことができなくなりました。同時に、過度な取り立てが社会問題化したこともあり、一時に比べて派手な宣伝をして顧客を募ることもなくなってしまいました。

現在、商工ローンは「ビジネスローン」と呼ばれるようになっています。貸出金利も以前ほど高くなくなり、また法律によって過度な取り立てを禁止されたこともあり、ビジネスローンには一定のニーズが生まれるようになりました。

商工ローンは貸金法など各種法律によって、その業務を規定されます。つまり、国の意向が他業種よりも比較的濃く反映される業種でもあります。国が、中小企業に対し融資を渋ってはいけないなど、いくつかの中小企業向けの金融対策を打ち出したという背景もあり、特に銀行系のビジネスローンは、以前に比べて使いやすくなっています。

また、商工ローンのイメージも昔よりクリーンなものになり、以前はノンバンク系の会社が多く存在していましたが、現在では銀行系の事業者が多く参入しています。

融資審査は、原則として銀行のプロパー融資のように厳しくはなく、以前と同様に無担保・無保証人で、審査期間も短い(中には即日融資が可能な業者もある)など、中小企業のスムーズな資金調達の役割を果たしています。