ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト金融機関リサーチ

金融機関情報

マイカーローンの基礎知識



マイカーローンは別名オートローン、自動車ローンとも呼ばれる、自動車を購入する際の信販契約のひとつです。ここではマイカーローンについて説明します。

マイカーローンの歴史的背景

マイカーローンの歴史的背景

マイカーローンは1920年代に、アメリカでゼネラルモーターズ(GM)やクライスラーによって始められました。当時のアメリカではフォードが販売台数1位を誇っていましたが、フォードは顧客に借金を背負わせることに難色を示していました。しかしGMがマイカーローンを使って1位に躍り出て、その後フォードもマイカーローンを扱うようになりました。

日本においては1960年に日産自動車(当時のプリンス自動車)がマイカーローンの提供を開始しました。1980年代になると、自動車販売会社は、販売を促進させるために、マイカーローンの取り扱いを強化するようになります。当時のマイカーローンは「マル専手形」の仕組みを色濃く残していました。マル専手形とは、「手形専用当座勘定(口座)」を略してマル専手形と呼び、通常の手形のような性質を持つ割賦契約でした。

バブル経済がはじけたあと、各自動車販売会社は不良債権の回収業務が忙しくなり、この頃から各自動車メーカーはファイナンス会社を独自に設立し、現在のようなマイカーローンの制度が確立し始めます。現在のマイカーローンは「マル専手形」のような契約ではなく、信販会社を介在させた「3者間契約」、あるいは「4者間契約」になっているのが一般的です。

現在では、自動車メーカー系のファイナンス会社が多数日本に存在します。その多くは、マイカーローンの契約のために存在している側面を持ちつつも、独自にクレジットカードを発行し金利収入を得ることで、売上の一部にするといった側面も持ち合わせるようになりました。

マイカーローンの種類

マイカーローンの種類

マイカーローンは銀行や信用金庫といった通常の金融機関が扱うものと、信販会社が扱うものの2種類に大別できます。

金融機関のマイカーローン

信販会社が取り扱うマイカーローンより金利が安いことが多いものの、融資審査のハードルが多少高めに設定されています。

信販会社のマイカーローン

トヨタや日産などの自動車会社系列のファイナンス会社や、信販会社が独自に提供しているマイカーローンです。金融機関のマイカーローンと比べると、比較的審査が緩い傾向にあります。また、自動車販売会社がマイカーローンの手続きを代行してくれることもあり、比較的申込みやすいものでもあります。ただし、2005年頃に、訪問販売によって支払い能力のない高齢者に信販契約をさせていたことなどが社会問題化したため、より慎重な審査が行なわれるようにもなってきています。