ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

バンクマップ
金融機関
トップページへ戻る
トップページへ戻る

金融機関情報

教育ローンの基礎知識



金融機関が個人を対象に融資する教育資金のことを教育ローンと言い、保護者が子どもの学費などの支払いに使うことが多いです。ここでは教育ローンについて説明します。

教育ローンの概要

教育ローンの概要

日本において、教育は自動車の購入や遊興などよりも優先事項と位置付けられているため、教育ローンはそれを利用する人の利便性等を考慮し、比較的低金利です。基本的には、高等学校・短期大学・大学・大学院や各種専門学校に進学する際の資金として使用することと限定されている融資です。一部、民間の金融機関が行なっている教育ローンは学習塾やサポート校など、無認可校への進学に際しても利用できるようになっていますが、ピアノ教室やスイミングスクールなどの各種習いごと、また保育園の費用は原則として教育ローンが適用されません。どうしてもローンを組みたい場合には、各教室が斡旋している信販会社との信販契約を締結するのが一般的です。

教育ローンの種類

教育ローンの種類

教育ローンには以下の種類があります。

証書貸付型

金融機関が定める金銭貸借契約書に必要事項を記入し、同契約書に定められた通りに返済をしていくタイプの契約を証書貸付型と呼びます。繰り上げ返済は原則として認められていません。またローンの組み直しの場合、既存の契約金額の残高が既借入残高とみなされるため、借入超過となり審査に通らない可能性もあります。

分割借入

借入希望額が分かっている場合、半年ごとなど、学費納入時に必要な金額のみを融資してくれるタイプの教育ローンです。融資されて初めて金利が発生するため、金利の観点から見るとお得な方法です。

元金据置型

在学期間中は金利のみを支払うタイプの教育ローンです。

親子リレー返済型

在学期間中は親が支払い、卒業後は子どもが支払うタイプの教育ローンです。

極度枠設定型

一定の限度額の範囲であれば、何回でも融資を受けることができるタイプの教育ローンです。

カードローン型

カードローンとして契約するタイプの教育ローンです。返済方法は残高スライドリボルビング返済方式が一般的です。

当座貸越・証書貸付併用型

当座貸越の口座を開設し、限度額まで融資を受けることができるタイプの教育ローンです。在学期間中は金利の返済のみで良いとする契約が一般的です。

公的機関による教育ローン

郵政民営化以前の郵便事業と同じく、民業を圧迫するとの指摘があり、行政改革で公的機関による教育ローンの制度が縮小されました。

一般教育融資(日本政策金融公庫

多くの人が「国の教育ローン」と呼ぶ教育ローンのことです。原則として1人の学生に付き300万円以内の融資金額です。所得制限があり、返済期間は15年までとされています。

教育積立貯金融資(日本政策金融公庫)

郵政民営化に伴い新規受付けが終了しています。

年金教育融資(日本政策金融公庫)

国民年金・厚生年金保険に加入している人が対象でしたが、現在は事実上、この制度を利用することができなくなっています。

財形教育融資(旧・独立行政法人雇用・能力開発機構)

財形貯蓄を利用している人を対象とした教育ローンでしたが、2011年に独立行政法人雇用・能力開発機構が廃止され、事実上利用できなくなりました。