ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

バンクマップ
金融機関
トップページへ戻る
トップページへ戻る

金融機関情報

信販会社の概要とその役割



信販とは「信用販売」を略したものであり、信用をもとに商品代金を立て替えて、あとから請求することを生業とする業者を信販会社と言います。ここでは信販会社について説明します。

信販会社の概要

信販会社の概要

「割賦販売法」という法律に基づいて、信用販売を行なっている会社を信販会社と言います。日本における信販会社の大手は、株式会社ジャックス株式会社オリエントコーポレーション株式会社セディナ などです。

地方を地盤とする地域系の信販会社には、山陰信販株式会社、九州日本信販株式会社などがあります。クレジットカード会社も信販を行なっており、日立キャピタル株式会社や東芝ファイナンス株式会社などの電機メーカー系や、株式会社日産フィナンシャルサービスや、トヨタファイナンス株式会社ビー・エム・ダブリュー・ジャパン・ファイナンス株式会社などの自動車メーカー系信販会社があります。

信販会社の歴史的背景

信販会社の歴史的背景

日本において信用販売を行なおうとすると、貸金法や銀行法など各種法規の規制を受けることになりますが、この規制や制限を受けない形の信用販売方法を確立したのが、現在の信販会社です。各百貨店や自動車メーカーの信販事業への参入もあり、信販業界は業績を伸ばし、現在のようにクレジットサービスを提供する信販会社も出てきました。

信販会社と貸金業者の違い

信販会社は、消費者に対してお金を貸し付ける訳ではなく、一時的に商品代金を立て替えて、あとから請求を行なうため、貸金業には該当しません。しかし、現在では多くの信販会社がキャッシング機能を付帯したクレジットカードを発行しており、キャッシング機能が貸金に該当するため、多くの信販会社は貸金業者として登録を受けています。

信販会社とクレジットカード会社の違い

クレジットカード会社というカテゴリのひとつに信販会社があります。クレジットカード会社は、例えば銀行系や信販系、消費者金融系、小売系、デパート系などに大別できます。銀行が発行しているクレジットカードは銀行系に属しています。同様に信販会社が発行しているクレジットカードが信販系、消費者金融が発行しているクレジットカードは消費者金融系です。つまり現在の多くの信販会社は、信販事業以外に、クレジットカード事業も行なっており、信販会社は信販事業とクレジットカード事業の2つの事業を行なっているというのが実態です。例えば信販大手のジャックスは、自社ブランドを冠したジャックスカードを発行しており、ジャックスカードはVISAやマスターなどと提携しているクレジットカードです。