ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

バンクマップ
金融機関
トップページへ戻る
トップページへ戻る

金融機関情報

信用金庫の概要とその役割



信用金庫は、信用金庫法に基づいて設立された、「信金」と呼ばれる金融機関のことを指します。ここでは信用金庫について説明します。

信用金庫の概要

信用金庫の概要

1951年に制定された「信用金庫法」という法律に基づいて金融業務を行なっている金融機関を信用金庫と言います。信用金庫は銀行とは異なり、法律によって営業エリアを制限されています。法律で「地域で集めたお金を、地域に住んでいる個人及び法人の発展に寄与するために使うこと」という内容が定めてあるため、信用金庫は地域密着型の金融活動を行なっています。

信用金庫の歴史的背景

信用金庫の歴史的背景

日本における信用金庫設立の背景には、二宮尊徳の思想があります。勤勉貯蓄と相互扶助の2つの精神を二宮尊徳が幕末に説き、これが全国に広まり信用金庫設立に至りました。ちなみに日本最古の信用金庫は「掛川信用金庫」であり、これは岡田良一郎(二宮尊徳の弟子)によって設立されました。戦後GHQの政策により、信用協同組合に関する法律が制定されます。この法律は、信用協同組合の経営者の兼業を禁止しておらず、また都道府県への届出をするだけで組合を設立することができるといったものでした。そのため、「広く地域住民への相互扶助を行なう」と言う二宮尊徳の設立理念が薄れることになり、業種業態別に信用組合が乱立する状況となってしまい、信用組合という名のもとに利益を追求する組織が作られるようになったのです。

古くから二宮尊徳の精神で運営している組合と、そうではない組合を明確にするため、1951年に、大蔵省を主管として「協同組織金融機関制度」、つまり現在の「信用金庫法」が生まれます。簡単に分けると、利益を追求していた組合の多くは、現在の「銀行」へと転身し、古くからある互助精神の組織は信用金庫と名乗るようになりました。

信用金庫の役割

信用金庫には、中小企業の健やかな発展に寄与する役割、組合員をはじめ、国民生活を豊かにする役割、地域社会の繁栄に奉仕する役割という3つの役割があります。

信用金庫の業務

信用金庫は銀行とは異なり、営業エリアや営業先が限定されているため、融資先が限られてきます。しかし、営業エリアが銀行よりも狭いことを抜きにして考えると、信用金庫の業務は、銀行の業務と極めて似ています。

信用金庫の主な業務は、「預金」「融資」「為替」です。これに加え最近では、投資信託や各種保険を取り扱う信用金庫もあります。これらを扱うことで生まれる利益も、もちろん組合員や地域の貢献に使われています。