ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

バンクマップ
金融機関
トップページへ戻る
トップページへ戻る

金融機関情報

銀行の定義とその役割



銀行とは銀行法に則ってお金を集め、融資する金融機関のことです。ここでは銀行の定義や役割、歴史などについて説明します。

銀行の定義

銀行の定義

広義における銀行とは、日本銀行や日本政策投資銀行、住宅金融支援機構、国際協力銀行、沖縄振興開発金融公庫など、資金を集め融資している機関を指します。外国銀行の日本支店を銀行と定義することもあります。

狭義での銀行は、日本においては法令で「銀行法に定義される銀行(いわゆる普通の銀行)」と「長期信用銀行法において定義される長期信用銀行」のみを指します。この場合、日本銀行は含まれません。

銀行の役割

銀行の役割

銀行には3つの役割があります。

金融仲介機能
お金を預けたい人とお金を借りたい人の仲介をする役割を担っています。
信用創造機能
貸し出したお金は、すべて市場に出回る訳ではなく、一部は再び銀行に預けられます。預金されたお金を貸し出し、再び預金されるというサイクルを、秩序を持って運営する役割を担っています。
決済機能
私たちがA銀行からB銀行へ振込をした場合、A・Bの両銀行内で決済を行なっています。

外国銀行支店の定義と役割

外国銀行の日本支店は、日本において銀行と定義付けられることもありますし、定義付けられないこともあります。基本的には、日本における銀行法の4条1項により、内閣総理大臣から銀行免許を発行された外国銀行の日本支店が銀行と定義されます。そのため、日本に支店があっても日本の銀行免許を持っていない支店は、銀行の定義外とされます。

長期信用銀行について

長期信用銀行は、長期信用銀行法において定義されており、銀行法においては銀行ではないと定められています。長期信用銀行は、債券の発行と引き換えに預金を集め、設備投資など長期間にわたって貸し付け及び回収を行なう形での融資を行なっていました。バブル崩壊を受け、1998年に日本長期信用銀行(長銀)と日本債券信用銀行(日債銀)が破綻し国有化されます。新生銀行あおぞら銀行と名称を変更し営業を続けたものの、ともに普通銀行の適応を受ける銀行となり、事実上、長期信用銀行法における長期信用銀行は消滅しました。日本長期信用銀行と日本債券信用銀行の破綻はバブル崩壊後の不況を裏付ける事象として、山一證券株式会社の倒産とならび報道され、多くの人々に衝撃を与えることとなりました。その後、日本長期信用銀行は様々な企業の入札競争により、アメリカの企業再生ファンドや投資組合に売却されました。