ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト金融機関リサーチ

金融機関情報

日本銀行とは(日銀の役目)



日本銀行は、日本紙幣を発行していることでも知られる銀行で、日本政府の認可法人として経営を行なっています。ここでは、日本銀行がどのような役割を果たしているかについて紹介します。

日本銀行の3つの役割

日本銀行の3つの役割

日本銀行には主に3つの役割があります。「銀行のための銀行」「政府の銀行」「発券銀行」の3つです。この3つの役割について、具体的に紹介します。

銀行のための銀行について

銀行のための銀行について

日本銀行は、各金融機関のお金を預かる場所として機能しています。誰しも安心できるところにお金を預けておきたいと考えるものですが、それは各金融機関も同様です。日本銀行は、各金融機関にとって安心してお金を預かってくれる場所と言えます。

また、日本銀行は金融機関同士の資本決済も行なっています。私たちがA信用金庫からB銀行に振り込みをした場合、A信用金庫の行員がB銀行にお金を持っていく訳ではなく、振り込み情報を参照して、日本銀行がA信用金庫から預かっているお金をB銀行に振り込みます。その際の決済を日本銀行が行なっています。

しかし、各金融機関が日本銀行にお金を預けるのは、安心や決済のためだけではありません。1957年に施行された「準備預金制度に関する法律」により、各金融機関は日本銀行に「ある一定の金額」を預けなければいけないという法律が定められたことも理由のひとつです。なお、預けられたお金は日本銀行の金融政策として使用されます。

政府の銀行について

政府のお金は国庫金と呼ばれます。私たちが支払っている税金や交通違反をしたときの罰金、社会保険料などは国庫金の中でも「歳入金」と呼ばれるものにあたります。

それに対して、国から私たちに支給される年金のような、国庫から出て行くお金を「歳出金」と呼びます。

日本銀行は政府に代わって歳入金や歳出金を管理する仕事も担っているのです。

発券銀行について

日本銀行はお札を発行するところでもあります。紙幣には小さな文字で「日本銀行券」と印刷されています。お札は日本銀行の「券」です。

この券は、各金融機関が日本銀行からお金を引出した時点で「お札」になると、法律で定められています。日本銀行は「銀行のための銀行」でもあるので、各金融機関は日本銀行にお金を預けています。様々な事情で、金融機関が日本銀行からお金を引出したとき、つまり日本銀行の外に券が出た時点で「お金」になるのです。

硬貨は日本銀行が発行しているのではなく、政府が発行しています。硬貨をよく見るとそこには「日本国」と刻まれています。日本銀行が発行する「券」を補助する補助貨幣として日本政府が製造し、日本銀行に流通その他を委託しているのです。

各銀行の正面玄関には「日本銀行代理店」という意味の掲示があります。これは、日本銀行に代わって街の金融機関が、各人の支払った税金や保険料などを「歳入金」として管理し、管理したお金は一旦日本銀行に入れるという意味です。このように考えると、日本銀行は私たちにとって身近な存在だとも言えます。