ご希望の金融機関情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト金融機関リサーチ

金融機関情報

金融機関の意味と役割
~金融機関の定義~



お金を融通する「体系」のことを金融と言います。ここでは金融を紐解きながら金融機関について解説します。

金融機関の定義

金融機関の定義

金融機関とはお金が余っている人からお金を集め、お金を必要としている人に資金を貸し出す役割をしている場所のことです。一般的には預貯金取扱金融機関のみを指します。預貯金取扱金融機関とは銀行法という法律で定められた金融機関のことで、預貯金業務をしている金融機関や、資金の貸し出しを行なっている金融機関のことを言います。簡単に言えば、日本銀行以外の、日本にある銀行や信用金庫などと名の付く金融機関のことです。

保険会社やノンバンクなども、資金を集めて貸し出す役割を担っているため、金融機関を広く定義するなら、銀行や信用金庫の他に、保険会社やノンバンク農業協同組合、郵便局も含まれます。

狭義における金融機関の定義と役割

狭義における金融機関の定義と役割

狭義における金融機関とは「預貯金取扱金融機関」のことを指します。銀行法と出資法、その他国が定める特別な法律に基づいたかたちで、資金を集め、貸し出し、手形の決済などを行なう金融機関のことです。

預貯金取扱金融機関は大きく、3つに分類することができます。

利益を追求する金融機関

いわゆる「普通の銀行」や商工組合中央金庫などを指します。

利益を追求しない金融機関

信用金庫や信用組合、その他農林中央金庫、農業協同組合、漁業協同組合などが該当します。

外国の銀行の日本支店

外国の法律に基づき海外で営業を行なっている金融機関のうち、日本の内閣総理大臣の許可を得た銀行を指します。銀行法によって規定されます。

広義における金融機関の定義と役割

お金を集めて人に貸し出す行為を金融と呼ぶため、そうした業務をしている機関を広く金融機関と呼ぶこともあります。

例えば、消費者金融や質屋も、日本においては金融機関と呼ばれることがあります。個人や法人に対してクレジットカードを発行し、リボルビング払いやボーナス一括払いなどを行なっている信販会社も、金融機関の定義に含まれます。他にも中小企業向けに、比較的高利で融資を行なっている商工ローンも金融機関です。

金融の基本である「お金が余っている者からお金を必要としている者に資金を融通する行為」を行なっている機関はすべて「金融機関」であるということです。銀行法や出資法、その他の法律の条件を満たしていれば狭義における金融機関に該当し、それ以外は広義における金融機関と定義されます。